交流会(兵庫県支部)を開催しました。

 

  「お花見」の盛りを過ぎましたが、冷たい雨となった4月14(日)、

  神戸市「湊川神社」に於いて定例交流会(兵庫県支部)を開催しました。

 

     悪天候にも関わらず、お世話になった大先輩の方々や、いつも参加される顔馴染み

   の方々がたくさん参加されて、大変嬉しく思いました。

             

 

 

  今回の鑑賞刀は、著名な刀工あり、また出会いの稀少な刀工ありと

  大変勉強になりました。

  参加者は真剣な眼差しで、鑑賞や鑑定に没頭されていました。

 

      

  鑑賞・鑑定刀は以下のとおりでした。

 

1号刀:備前康光(応永備前・室町初期)

    種類:太刀 鎬造り 庵棟  刃長:2尺3寸1分

    刀姿:身幅やや細く、元先の幅差頃合い、中鋒、反りつき、重ね厚い。

    地鉄:板目肌に杢目まじり、地沸つき、直ぐ映り立つ。

    刃文:中直刃調、小互の目・小丁子まじり、逆がかり、小沸つき、

       刃中に金筋・砂流し頻りに入る。

    帽子:直ぐ入り、小さく尖りごころに返る。

    彫物:表裏に棒樋を掻き、鎺上で丸留めする。(磨上の為、鎺下になる)

      備考:非常に格調の高い「直ぐ調・応永備前」の名品です。

 

2号刀:出羽大掾国路(山城国・桃山期)

    種類:脇指 平造り 三つ棟  刃長:1尺3寸

    刀姿:身幅広く、寸法のび、反り浅く、重ねやや薄い。

    地鉄:板目肌に杢目まじり、肌目立ち、細かな地景入り、刃寄り流れる。

    刃文:浅い湾れ、互の目・角ばる刃まじり、処々逆がかり、沸よくつき、

       引き締まった金筋・砂流し入る。

    帽子:浅く湾れ込み、突き上げ、先尖り心に返る。(三品帽子風)

    備考:国路の真骨頂「志津写し」の傑作です。

 

3号刀:備前盛光(応永備前・室町初期)

    種類:刀 鎬造り 庵棟  刃長:2尺1寸5分

    刀姿:身幅尋常、元先の幅差頃合い、中鋒、反りつき、重ね厚い。

    地鉄:板目肌に杢目まじり、地沸つき、地景入り、直ぐ映り立つ。

    刃文:互の目主調に丁子・腰開きの乱れまじり、匂い勝ち小沸つき、

       細かな金筋かかる。

    帽子:乱れ込み込み、くびれて小さく尖りごころに返る。(蝋燭の芯風)

    彫物:表裏に棒樋を掻き、鎺上で丸留めする。

      備考:平和な世相が表れた、華やかな「乱れ調・応永備前」の典型作です。  

 

      

  

 

4号刀:播磨大掾忠国(肥前国・江戸最初期)

    種類:脇指 平造り 庵棟  刃長:1尺2寸2分

    刀姿:身幅広く、寸法のび、反り浅く、重ね厚い。

    地鉄:小板目肌よくつみ、細かに肌目立ち、地沸厚くつく。

    刃文:短い焼き出し、焼き高い丁子・互の目まじり、処々に変形刃入り

       乱れの谷・足先に沸が凝り、その先端が一定線で揃って止まる。

       沸よくつき、金筋・砂流し盛んに入る。

    帽子:乱れ込み、小丸、乱れて深く返る。

    備考:肥前刀の中、最も覇気ある大胆で、放胆な作風です。

 

5号刀:越後守包貞(摂津国・江戸初期)

    種類:刀 鎬造り 庵棟  刃長:2尺3寸

    刀姿:身幅広く、元先の幅差開き、中鋒、反り浅く、重ね厚い。

       棟降ろしが急勾配、平肉枯れる。

    地鉄:小板目肌よくつみ、流れ柾まじり、地沸つく。

       鎬地の柾が目立つ。

    刃文:大互の目に湾れまじり、処々濤瀾乱れとなり、小沸よくつき、

       砂流し頻りにかかる。

    帽子:焼深く、直ぐに入り小丸に返る。

    備考:「濤瀾乱れ」を焼き始めた貴重な初期作です。  

 

      

 

 

   鑑賞・鑑定後に本位田副会長より、大変丁寧な解説がありました。

   参加者は、メモを取ったり、頷いたりと熱心に聴講されていました。

   今後の鑑賞や鑑定の大きな糧になったことと思います。

 

   

 

  お互いに年一度の交流会ですが、協力し会って発展を目指します。 

  ますます楽しく、充実した交流会になります様願っています。

   

 

 風景のたより

浮かぶ名月。  
浮かぶ名月。  

  協会関係 

   会 場

全国の刀剣展

美術館