2016.04・講座

 

  桜季節も終わり、穏やかな日差しが降りそそぐ4月24(日)、

  「花の北市民広場・会議室」に於いて、月例の刀剣講座を開催しました。

          

  

  ○初級講座(4月)

 

   今月は新年度となり、講座内容も第1課程からになりました。

         刀剣の学習には、日常生活ではあまり聞き慣れない「名称」や「用語」が

   出て来ます。

   日本刀には、1000年以上もの歴史があり、致し方ないことです。

   そうした専門的な用語を習得することも、また魅力のひとつと思います。

    

   最初は多少戸惑うこともありますが、すぐに慣れて知らないうちに、

   その用語を理解し使う様なっています。

   永い歴史から生まれた「名称」や「用語」やをしっかり学びましよう。

 

          

    
    

 

 

   ○今月の講座内容は以下でした。 

     1.刀剣の種類、造り込みの種類、

     2.部分の名称、反りの種類、鋒の種類、棟の種類

     3.鎬と鎬幅

     4.日本刀の計測法

 

 

   
   
  
  

 

 

   参加の方は、大変に熱心で学習意欲が溢れていました。

         講座終了がなごり惜しい様な時間でした。

      

   ○次回の講座内容は以下の予定です。

      1. 地鉄について

      2. 焼刃について

      3. 「天下五剣」の話。        

 

  中級講座(4月)

   

   主要刀工の押し型を参考にしながら、各刀工の作風や特徴を詳細に学習し、

   鑑賞や鑑定の専門知識を蓄積します。

 

   今まで一部分しか理解していない内容や、知らなかった特徴にも気付き、

   学習することで、確実にレベルが上がっています。

   

  

   
   

   

 

   ○今月の学習内容は以下でした。

     「新刀編」

      1.備前国:長船派(上野大掾祐定・河内守祐定)

      2.安芸国:輝広派(肥後守輝広・播磨守輝広) 

      3.筑前国:福岡石堂派(石堂是次・石堂守次)

      4. 〃 :信国派(信国吉包) 

 

 

      水田国重
      水田国重
     播磨守輝広
     播磨守輝広
      石堂守次
      石堂守次

 

 

    いつもながら大変に熱心で、真剣で、そして和やかな講座になりました。

      楽しくて、時が過ぎるのを忘れてしまう様な三時間でした。

 

    ○次回の学習内容は以下の予定です。

     「新刀編」

       薩摩国=正房派・波平派

       尾張国=政常派・信高派・氏房派

  

         

  

  知らぬ間に、近くの山々が萌黄色に変わり、

  実家の方では、「鯉のぼり」が泳ぐ季節になりました。

  穏やかな気候になり、年間を通して一番過ごし易い気節です。  

  

  ご健康には充分注意して頂き、次回も楽しい一日になります様願っています。

    次回の日程等は、「HPお知らせ」や「ご案内葉書」でお知らせ致します。

 

 

 

 風景のたより

炭焼き小屋の秋。  
炭焼き小屋の秋。  

  協会関係 

   会 場

全国の刀剣展

美術館