2015.09・講座

     刀剣講座(9月)を開催しました。

 

   「白露」を過ぎ、朝夕の涼しさを感じる9月13(日)、花の北市民広場

   「会議室」に於いて、定例の刀剣講座を開催しました。

   

   刀剣講座(別称:しらさぎ講座)は、毎月1回の開催で、午前が「初級講座」、

   午後が「中級講座」の日程で行っています。          

  ○「初級講座」は、一般の方や、新会員の方を対象にしています。

   この講座では、少しでも多くの皆様に日本刀の魅力を知って頂き、

   愛好者の裾野の拡がりと、新会員の馴染みを図っています。

 

   内容は、刀剣の基本知識を主体に解りやすく学んでいます。

   また最近よく話題に上る「名物」や「説話」等の紹介も交えて、

   「面白く、楽しい講座」を目指しています。     

   今回も、新しく1人(女性)の受講者が参加されました。

   講座の情報は、私達の会のHPで知られたそうで、大変嬉しいことでした。

 

   初級講座(9月)は、以下の内容について学びました。

 

     刀剣 : 1.「地鉄」について 2.「刃文」について 3.「帽子」について

          4.「彫刻」について

 

     参考 : 1.「最上大業物」の話 2.「首斬り浅右衛門」の話 

          3.「小龍景光」の話

 

   参加者の方は、たいへん熱心に受講され、積極的に次々と質問をされて、

   その熱い学習意欲が溢れていました。

 

   次回は「茎」・「銘」・「五ヶ伝」などを学びます。        

   ○「中級講座」では、会員の方だけを対象にしています。

    ここでは、刀剣知識や鑑定知識のレベルアップと、後継者の早期育成を

    図っています。    

    

    内容は、主な流派・刀工の作風や特徴を詳しく習得し、その知識を現実の

    鑑賞・鑑定に生かせるように学びます。

 

    参加は自由で、「肩の凝らない講座」を目指しています。     

    中級講座(9月)は、以下の流派について学びました。

 

     山城国 : 1.埋忠派(埋忠明寿・東山美平)

           2.堀川派(国広-堀川打、日州打・出羽大掾国路・越後守国儔)

           3.三品派( 伊賀守金道・丹波守吉道・越中守正俊) 

 

     参考話 : 1.「最上大業物」の話 2.「首斬り浅右衛門」の話 

           3.「小龍景光」の話


    参加の方は、大変熱心に学習され、時が経つのを忘れる様な3時間でした。

 

      次回は、「新刀編」の摂津国・紀伊国の刀工を学びます。    

  
  
 
 

  「お彼岸」が近くとなり、朝夕は大変涼しくなりました。

  実家の方では、秋の収穫時期となり、彼方此方でコンバインが活躍しています。  

  

  昼夜の温度差が、一年で一番大きい季節です。

  ご健康には充分注意して頂き、次回も楽しい一日になります様願っています。

 

  次回の日程等は、「HPお知らせ」や「ご案内葉書」でお知らせ致します。

 風景のたより

炭焼き小屋の秋。  
炭焼き小屋の秋。  

  協会関係 

   会 場

全国の刀剣展

美術館